人気ブログランキング |

カテゴリ:from Brighthorn( 1846 )

完走できるか?

N目黒(今更伏字もあるまいに)のコナミスポーツは大きな風呂があってこれが最大の「売り」、わたしは半年ほど会員だったので運動よりもお風呂に入りに行きました。

ここの洗い場には「足つぼマッサージ」をする為に尖った碁盤の黒石が何メートルも蛇のような弧を描いて敷き詰められています。今までスタートからフイニッシュまで歩けたことが無いわたしですが、この「尖り足つぼロード」を完歩された方を見たことありません。

真っ裸で凸をタオルで隠しながらお尻丸だしで「イタタタタタタタ!!!」と悶えながらお尻をよじって歩き途中でギブアップのオジサマが大半を占めていました。その姿をお風呂で暖まりながら見物するのは大変面白く吹き出しそうになった事がしばしばでした。

足つぼ踏み絵は我が家にもあります。もちろん脱衣室の片隅でわたしに蹴飛ばされ邪魔者扱いになっていますが、不健康なわたしですから乗るたびにその痛さで悶絶してしまいます。365歩のマーチを聞きながらこの上でしっかりとした足踏みができる方は何人いるのでしょうか。わたしの痛点は腎のツボです。

c0087396_14523261.jpg


by brighthorn | 2019-07-17 14:53 | from Brighthorn | Comments(2)

卵とじきしめん

病気の友(同じ病名の大先輩)が診察に来るというので病院のナースセンターの待合室で待ち合わせしました。

退院して大した時間も過ぎていないのにナースの方々や事務の方々、主治医の方を懐かしく感じるのは不思議なもの、僕が入院したのは病気の専門の病院で日本一の病院です。

それはさておき・・・・

僕は食事制限をしていますので一般健康な方と違って制限があります。これはまるで建築物を設計するのと同じで建築物には「建築基準法」という法律の制限を受けているおかげで「設計」ができるのと同じです。いわゆる制限が受けるから病気がこれ以上に悪くならないようにコントロールすることができるのと同じではないかと思っています。

病気になり入院しますと同じ病気の方と相部屋になり食事の時は一同が食堂に集合し管理栄養士さんのレクチャーを受けながら塩分の制限や糖質やたんぱく質の制限等のある病院食を食べるのです。この場面で先に入院されている先輩と知り合います。ここには牢屋主のような方が存在し目下の病気について自分の経験を話してくれとっても参考になるのです。

だれもが病気になると「死」や「面倒な治療」に頭を悩ませます。僕も悩みました。あと何年生きれるのかなとかそう思うので「終活をしていかないと・・」と思っています。

まぁ、そんな暗い気持ちを吹き飛ばすは病気のベテランの方でした。そんなベテランと本日はランチをしてきました。塩分も高いでしょうし、糖質も高いでしょう。

先輩に別れ際こういわれました。ストイックに病気に向かうと失速するぞ・・・って

卵とじきしめんのおいしかったこと!(浅草橋にて)
大根おろしを山盛り乗っけて食ってきました。

c0087396_13012825.jpg


by brighthorn | 2019-07-16 13:02 | from Brighthorn | Comments(4)

日の目を浴びる

何かを買うと何かがもれなくもらえるのはとっても嬉しいものである。その歴史は昔のVAN.Jacの「おまけ商法」が発祥なのかもしれない。いつかもらった水筒が薬草を煎じたお茶の水筒として使っているのだから部屋の隅で僕に蹴飛ばされていた水筒がある日突然「日の目を浴びる」のだから「おまけ水筒」もさぞ驚いている事だろう。
c0087396_09130651.jpg

by brighthorn | 2019-07-15 09:24 | from Brighthorn | Comments(4)

蓮の葉っぱ

ご無沙汰でございます。不健康な男でしたがその不健康さで入院をしていました。このまま放置プレイだと命に差支えがあるようになるので真面目に取り組みまして改善の方向へ向かっています。しかしながら検査検査の日々を過ごし、薬によって「う」が固くなると「切れ」るのでその時は「肛」専門医でワンワンスタイルを余儀なくさせられそうなので医者の前では余計な話(ついつい)をしないようにしていました。わたしは女好きなので神様(守護霊でしょうか、きっと亡くなった母のお導き)はすべての関連医は女医さんでした。ところが経験も少ない若人なので疾病対策本に書いてある指導ばかりでした。ところが・・「血液のあの数値に難があるので・・まだお若いのに」と言われると暗い気持ちになりました。「わたしの余命はあとどれくらいでしょうか」と聞いてみましたら、「突然に命のともし火は消えるものです」と言われましたので「俺の命はローソクの炎のようなもんなんだな」と思いました。我が家の蓮の葉っぱは真言宗なのでユーツベでお経などを拝聴すると心が落ち着きました。

それと病気になってよくわかったのが「他人の病気は蜜の味」ということでした。これからどうなるかわかりませんが自分の歩んできた道を振り返ると意外と後悔はなく「いつでも蓮の葉っぱ」状態なので「俺もちゃんとやったな」と思っているのであります。期待したのは素敵な看護師さんでした。ベテランの看護師さんのようで元は大病院にお勤めになっていて「悲しいシーン」を何度も体験された方のようでした。ある看護師さんに血圧の最高血圧と最低血圧についての測定ポイントについて聞きましたらわたしの二の腕を両手でつかんで説明してくれました。その時のその人の手のぬくもりが暖かく今でも左腕にしんみりと残っています。医者の言う言葉より「ぬくもり」は大事なものだと思った次第です。

c0087396_14124265.jpg


by brighthorn | 2019-07-10 14:14 | from Brighthorn | Comments(8)

銀紙に

銀紙包まれて出てくるのが「つばめグリル」のハンブルグステーキ。大きく膨らんだ銀紙にナイフとホークで上手に開封をするさまはコックさんになった気分になります。

わたしは元々卑しいので銀紙の裏にこびりついたビーフシチューをベロッと舐めて舌を火傷します。そして食べ終わるとこれまたホークとナイフを使って銀紙を上手に畳んでしたり顔するのも毎回の事です。

付属品のクレソンもホークとナイフで切り刻みお口に運ぶのも毎回の事です。

子どもの頃は銀紙に包まれたチョコレートウェハースもありました。面倒だからそのまま食って口の中で銀紙と本体を区分けして頂いたことも毎回の事です。

毎回の事っていくつになっても治りませんね。



by brighthorn | 2019-05-05 21:46 | from Brighthorn | Comments(4)

肥立ち

ニュース見るたび高速道路の渋滞が40kmだと知るとあえてこんな状況に自らが突入(高速利用)する気などまったくなくなるので毎日がなんとなくだらしのない姿で一日一善をスローガンにして過ごしています。

今日は高校時代の友人が我が家に来るようです。お母さん(85)が脳内出血でもうダメだと昨日の電話で嘆いていました。今年の三月に彼の奥さんが子宮なんだらかんだらで割腹手術を受け大変だったんだよとの話もありました。このような話はまとまって押し寄せてくるようです。

彼のお母さんの話に戻ります。高校時代、杉並の彼の家に遊びに行くとお母さんから「夕飯作るから食べて帰りなさいね」と毎回言われてごちそうになってました。お母さんが彼を呼ぶ言い方が気になっていました。「・・・・・さん」って呼ぶんです。

気になって「・・・さん」づけっておかしくないか?
と問いたところ・・・

実は俺の本当のお母さんじゃないんだと言うのです。

オヤジの後妻だと言うのです。じゃお前の本当のお母さんはどうなったの?って聞いたら、おばあちゃんが「産後のひだちが悪い」って言ってオヤジと離婚させたんだよって言うんですよ。

いまだかつて「産後のひだちが悪い」って意味が分かんないのだけどこんなことで離婚させられたのかと思うと昔の女性は大変だったんだなぁ~って思うのですよ。

しかし産後の肥立ちが悪いだけで「離婚」させられるのですから明治生まれのばあ様の力はすごかったんだなぁ~思いましたよ。


c0087396_07451442.jpg



by brighthorn | 2019-05-03 07:45 | from Brighthorn | Comments(2)

ハムカツとあぐら

自分は股関節が人一倍固いので「あぐら」がかけません。座敷に案内されて「楽にしてくださいね」なんて微笑でおばあちゃんに言われますがわたしにはかなりの苦痛なんです。ですから飯食う時は正座か女座りにならざるえません。

ジムに行っている時、スタジオでティラピスなのかストレッチなのかで「あぐらスタイル」をさせられるといつも後ろに倒れていました。その都度、笑われましたがダルマのように倒れそして起き上がり七転び八起き体操と呼ばれました。

写真は浅草橋近辺の定食屋で食った「日替わりのハムカツ定食」です。ご飯の量と言いハムカツの分厚さといい、マカロニサラダの大盛、漬物に豆腐に味噌汁。これで750円でした。

でもしかしハムカツというのは肉屋の店頭で注文した薄ぺらいハムカツが一番おいしかったのでハムが厚ければ良いというものじゃありませんね。


c0087396_21044289.jpg



by brighthorn | 2019-04-03 21:05 | from Brighthorn | Comments(4)

GWの暇

今年もGWは暇人やるなら何かバイトかなんかするのもいいんじゃないか?と昼飯時にそんな話になりました。

はす向かいのおじさんは僕の事を「顔で笑っていても目が笑っていないし、一見不愛想に見えるから接客業は難しいですよ」と言いました。そういえばそんな事を言われたことがありますが確かにあまり笑うの苦手です。

みんなが笑うシーンでも笑えません。歌舞伎にわたしを誘った女性がここぞと言う場面でわたしが笑わなかったからと言ってえらく怒られたことがありました。

ライブ行くと最前列で見てますが演者さんから「怒っているの?」に近い事を言われたことがあります。

でも今更治せませんからイノシシマスクでもしていくしかありません。

でもわたしは本当はいい人で愛想もいいんですよ。


c0087396_17251011.jpg


by brighthorn | 2019-03-26 17:25 | from Brighthorn | Comments(2)

頭皮ブラシ

ここだけのお話ですがわたしの小さな楽しみは頭皮ブラシでゴシゴシしたのちに(これがきもちいのだ!)、備え付けのヘアートニックをシャワシャワすると頭皮が痛染(イタシミ)みます。「ウゥゥゥゥー痛!、しみるぅ~」が楽しみなのであります。
c0087396_06405432.jpg


by brighthorn | 2019-03-08 06:41 | from Brighthorn | Comments(2)

40歳の頃に「本態性高血圧」との診断を受け降圧剤を処方され現在まで飲み続けています。

ところが・・・

一向に改善する方向に向かなくて、一生継続のようです。2年前より血圧以外のあっちこっちがおかしくなってきました。
医者にそんな話をすると「わたしの診断に間違えはないから素直に従ってほしい」ような事を怒ったような目で言われます。もちろん薬剤師にも問いました、それでも明確な回答は得られず不信感が増すばかりです。

薬の副作用ではないかと自分は密かに思っています。しかしながら、わたし自身は健康な男だし精神だって不安定では
ありませんよといえば「サイレントキラー」ですよ高血圧は・・・などと白い服着て口紅つけ、ネイルかなんかやっている人に微笑みながら言われます。

バイク仲間は「お前さ、その薬のおかげで今まで生きてきた。と思うようにしなさいよ」と言われるけれど納得できません。

わたしは区切りの年を迎えてやることはやってきたので後悔はありませんから断薬し状況をリセットしてみようと思いました。


by brighthorn | 2019-03-01 15:56 | from Brighthorn | Comments(4)

『クルーカットと正ちゃん帽』は毎日更新を目標にしています。


by ブライトホーン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31