人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夜間運転

この頃、わたしの書く事がなんとなく「おじいさん風味」が増してきました。

わたしの運転免許証の条件は「眼鏡等」です。「眼鏡等」が無ければ運転に支障をきたします。

昨晩、お知り合いにブツを届けるために夜間の雨の中をCarで出掛けました。ちょっと走るとなんとなく目に違和感を感じます。とにかく対向車のライトが眩しいと共に全体的な視力が低下しているようなので眼鏡をはずしつつ目を猫の手のように拭っても回復しませんでした。ちょっと危険な夜でした。

わたしの視力が落ちてきた理由は就寝中の「スマホです。」この頃かなりです。スマホは便利です。なにか調べるのにはパソコンを起動しないでも事足りてしまうからです。

緑内障も眼底出血もありません。今はね。

目が見えなくなったら怖いですから気を付けましょう。


by brighthorn | 2019-07-28 07:16 | from Brighthorn | Comments(4)

ピンクの電話

学校を卒業して38年になりました。あの時から著しく変わったものは電話でありましょう。わたしは下宿をしていたので電話機は母屋の玄関にピンク電話が置いてありここに大量の10円玉を山積にして長距離をかけていました。数秒ごとに落ちる10円玉のカチンという音。10円玉が残り少なくなったり、何かの調子で詰まったりすると心ものない気持ちになったものです。10円玉から100円玉も投入できるようになりそれからプリペイドカード(テレカ)に移っていき10円玉の山積みは無くなりましたがテレカでも残り少なくなると警告音が鳴ったりしてあわてて財布の中のテレカを探したものです。ところでわが机の中には使用していないテレカが10数枚あります。建材メーカーのテレカが大半を占めます。いかがしたものか・・・・
c0087396_09565911.jpg

c0087396_09571493.jpg




by brighthorn | 2019-07-22 10:03 | from Brighthorn | Comments(4)

たかがクルマ

結婚式そしてお葬式などのセレモニーは必要です。今どきは車(自家用車)では「厳かな納車式」などがあるようです。これに似たケースは火葬場の収骨式。共通しているのが「厳か」の部分であります。

通りに面したカーディラーのガレージにビカビカに磨き上げた新車が鎮座しディラーの支配人や販売営業、整備窓口(サービス関係者があつまりオーナーへ花束贈呈、鍵の贈呈を拍手と共に厳かに行う。わたしは経験がありませんが胸に手を当てて考えると「たかが車にあんまり格好いいものじゃないな」と思うのです。中には涙ぐむ人もいるようで車が家族の一員になった瞬間です。

クルマを手放すとき、業者の方がきて長く乗ってきたクルマを持って帰ってしまいます。角を曲がるまでずって見ている方が多いと聞きます。わたしも同じです。でもあんまり寂しいので自分が留守の時に持っていってと頼みます。

たかがクルマなんですがね・・・


by brighthorn | 2019-07-22 09:37 | 自動車・バイク | Comments(2)

完走できるか?

N目黒(今更伏字もあるまいに)のコナミスポーツは大きな風呂があってこれが最大の「売り」、わたしは半年ほど会員だったので運動よりもお風呂に入りに行きました。

ここの洗い場には「足つぼマッサージ」をする為に尖った碁盤の黒石が何メートルも蛇のような弧を描いて敷き詰められています。今までスタートからフイニッシュまで歩けたことが無いわたしですが、この「尖り足つぼロード」を完歩された方を見たことありません。

真っ裸で凸をタオルで隠しながらお尻丸だしで「イタタタタタタタ!!!」と悶えながらお尻をよじって歩き途中でギブアップのオジサマが大半を占めていました。その姿をお風呂で暖まりながら見物するのは大変面白く吹き出しそうになった事がしばしばでした。

足つぼ踏み絵は我が家にもあります。もちろん脱衣室の片隅でわたしに蹴飛ばされ邪魔者扱いになっていますが、不健康なわたしですから乗るたびにその痛さで悶絶してしまいます。365歩のマーチを聞きながらこの上でしっかりとした足踏みができる方は何人いるのでしょうか。わたしの痛点は腎のツボです。

c0087396_14523261.jpg


by brighthorn | 2019-07-17 14:53 | from Brighthorn | Comments(2)

卵とじきしめん

病気の友(同じ病名の大先輩)が診察に来るというので病院のナースセンターの待合室で待ち合わせしました。

退院して大した時間も過ぎていないのにナースの方々や事務の方々、主治医の方を懐かしく感じるのは不思議なもの、僕が入院したのは病気の専門の病院で日本一の病院です。

それはさておき・・・・

僕は食事制限をしていますので一般健康な方と違って制限があります。これはまるで建築物を設計するのと同じで建築物には「建築基準法」という法律の制限を受けているおかげで「設計」ができるのと同じです。いわゆる制限が受けるから病気がこれ以上に悪くならないようにコントロールすることができるのと同じではないかと思っています。

病気になり入院しますと同じ病気の方と相部屋になり食事の時は一同が食堂に集合し管理栄養士さんのレクチャーを受けながら塩分の制限や糖質やたんぱく質の制限等のある病院食を食べるのです。この場面で先に入院されている先輩と知り合います。ここには牢屋主のような方が存在し目下の病気について自分の経験を話してくれとっても参考になるのです。

だれもが病気になると「死」や「面倒な治療」に頭を悩ませます。僕も悩みました。あと何年生きれるのかなとかそう思うので「終活をしていかないと・・」と思っています。

まぁ、そんな暗い気持ちを吹き飛ばすは病気のベテランの方でした。そんなベテランと本日はランチをしてきました。塩分も高いでしょうし、糖質も高いでしょう。

先輩に別れ際こういわれました。ストイックに病気に向かうと失速するぞ・・・って

卵とじきしめんのおいしかったこと!(浅草橋にて)
大根おろしを山盛り乗っけて食ってきました。

c0087396_13012825.jpg


by brighthorn | 2019-07-16 13:02 | from Brighthorn | Comments(4)

日の目を浴びる

何かを買うと何かがもれなくもらえるのはとっても嬉しいものである。その歴史は昔のVAN.Jacの「おまけ商法」が発祥なのかもしれない。いつかもらった水筒が薬草を煎じたお茶の水筒として使っているのだから部屋の隅で僕に蹴飛ばされていた水筒がある日突然「日の目を浴びる」のだから「おまけ水筒」もさぞ驚いている事だろう。
c0087396_09130651.jpg

by brighthorn | 2019-07-15 09:24 | from Brighthorn | Comments(4)

蓮の葉っぱ

ご無沙汰でございます。不健康な男でしたがその不健康さで入院をしていました。このまま放置プレイだと命に差支えがあるようになるので真面目に取り組みまして改善の方向へ向かっています。しかしながら検査検査の日々を過ごし、薬によって「う」が固くなると「切れ」るのでその時は「肛」専門医でワンワンスタイルを余儀なくさせられそうなので医者の前では余計な話(ついつい)をしないようにしていました。わたしは女好きなので神様(守護霊でしょうか、きっと亡くなった母のお導き)はすべての関連医は女医さんでした。ところが経験も少ない若人なので疾病対策本に書いてある指導ばかりでした。ところが・・「血液のあの数値に難があるので・・まだお若いのに」と言われると暗い気持ちになりました。「わたしの余命はあとどれくらいでしょうか」と聞いてみましたら、「突然に命のともし火は消えるものです」と言われましたので「俺の命はローソクの炎のようなもんなんだな」と思いました。我が家の蓮の葉っぱは真言宗なのでユーツベでお経などを拝聴すると心が落ち着きました。

それと病気になってよくわかったのが「他人の病気は蜜の味」ということでした。これからどうなるかわかりませんが自分の歩んできた道を振り返ると意外と後悔はなく「いつでも蓮の葉っぱ」状態なので「俺もちゃんとやったな」と思っているのであります。期待したのは素敵な看護師さんでした。ベテランの看護師さんのようで元は大病院にお勤めになっていて「悲しいシーン」を何度も体験された方のようでした。ある看護師さんに血圧の最高血圧と最低血圧についての測定ポイントについて聞きましたらわたしの二の腕を両手でつかんで説明してくれました。その時のその人の手のぬくもりが暖かく今でも左腕にしんみりと残っています。医者の言う言葉より「ぬくもり」は大事なものだと思った次第です。

c0087396_14124265.jpg


by brighthorn | 2019-07-10 14:14 | from Brighthorn | Comments(8)

『クルーカットと正ちゃん帽』は毎日更新を目標にしています。


by ブライトホーン
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31